日没後の薄暗がりで・・・

前回載せた昼間のアトリの群れを追いかけて行くと、さらに数が増えて大群になっていました。
ざわざわと音がしそうな勢いで暗くなった山肌を背景に飛び回ります。SSは1/80~1/100と厳しすぎる条件でしたが、意地のISO200で頑張りました。

100308_02








手前にも奥にもたくさんいるので、どこにピントを合わせたらいいのか迷います・・・
100308_03








いくらスローシャッターが好きといっても、この暗さ、流し撮りの限界です~~(笑
100308_04








ついに暗くて見えなくなりかけた頃、目の前に大群が下りてくれました。この時はさすがにISOを少し上げてしまいました・・・
100308_05








怒涛の数十分・・・ちょっとした衝撃体験となりました。
100308_01

4 Comments

KX2_Birder  

今年は冬鳥の小鳥が少ないと思っていたら
いるところにはいるんですね~(@@)

アトリというところがプラスポイントなのですが、
鳥の種類がわからなくても、十分にインパクト&
芸術性のある作品になっています。

やっぱ絵心のある人は違います!

2010/03/08 (Mon) 21:12 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

KX2_Birderさん、

おっと、今そちらへコメントを書いていたところでしたが、素早いお返事ありがとうございます!

この写真に関して言えば、まさにKX2_Birderさんのガンの塒入りのお返事・・・
「その場の臨場感を写真に残せない自分が悔しいです」、と同じなんです!!
そうなんです、私も悔しくて悔しくて、もう一度同じ場所に行ってみたのですが、
もう同じところは飛んでくれませんでした・・・くぅ~!

2010/03/08 (Mon) 21:41 | EDIT | REPLY |   

M.hanada  

これだけ大きな群れは未だ見たことが無いです。
自分の意思を持って、みずから動く花吹雪のような。。。一度見てみたいものです。

2010/03/09 (Tue) 23:27 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

M.hanadaさんへ

私もアトリの大群が1990年代にこちらの山で見られたことを写真で知り、
それ以来ずっと見てみたいと思っていました。
今年は飛来数の多い年で、各地で大きな群れの飛翔が確認されているようです。
スギやヒノキの多い山間部をふらふらしていると、
突然大きな群れに遭遇するかもしれません。

逆に昨年多かったヒレンジャクやキレンジャクは、全く見ていません。
本当に謎が多いですね~~

2010/03/10 (Wed) 08:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment