瀬戸探訪・・・その3、作家の一点物

瀬戸に昔からある伝統的な形の定番ものもいいですが、一つひとつ手作りされる一点ものはまた格別です。
型で作っていないので、同じものが2つとないところが魅力です・・・

DSC_9667.jpg




DSC_9665.jpg




DSC_9664.jpg




この狛犬が「その1」の雑貨屋さんに置いてあったもの。前川電光先生という狛犬ではちょっと有名な方の作品でした。
かなり高齢の先生みたいなので、貴重な一品かもしれません。それでも値段は高くないところが産地のよいところ・・・
DSC_9675.jpg




左が雄で右が雌だそうです!口の空いているのが「あ」で閉じているのが「うん」、阿吽(あうん)の呼吸を表しているとか。
仲良く何かを話しているようにも見えます・・・
DSC_9669.jpg




DSC_9705.jpg




土の感じられる招き猫・・・作者不明。 瀬戸蔵の1Fで一目惚れして購入しました。
DSC_9683.jpg




表情や模様の違ったものがいくつかありました・・・
DSC_9684.jpg




こちらも土の香りが・・・というよりクッキーみたいです。調べると「工房KOM」を運営する小室幸雄さんの作品とわかりました。
招き猫で有名な作家さんみたいです。
DSC_9687.jpg




完全な一点もののようで、似たものは置いていませんでした。
DSC_9689.jpg




この世に一つしかないと思うと、愛しさを感じずにはいられません・・・
DSC_9694.jpg

2 Comments

M&Y  

ねこの置物チョーかわいいですね~
狛犬は雰囲気あり過ぎ~
衝動買いしちゃうのも分かります。
街ブラは楽しいですね。

2015/11/08 (Sun) 17:39 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

自分でも驚いているのですが、
けっこうハマってしまいました。

鳥撮りに比べると、どんどん楽な方向へ
行ってしまっている気がしますが・・・

まあ、趣味だからいいか!と自分に言い聞かせて、
イージーな世界を楽しんでいます~

2015/11/08 (Sun) 19:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment