瀬戸 赤津 窯元めぐり

2016年のGWはなかなか爽やかな気候が続きます。連休ど真ん中の今日は瀬戸の赤津をひとりでぶらり・・・

DSC_1308.jpg



歴史ある坂の道を進みます・・・
DSC_1313.jpg



この辺りでやきものが始まったのは、なんと平安時代からだとか。雰囲気のある小道・・・
DSC_1318_20160505165729e38.jpg



すっかりお友達になった前川電光氏の作品も街かどに陳列してありました。
DSC_1319.jpg



ピンク色の階段・・・
DSC_1345.jpg



青い戸。
DSC_1350.jpg




はじめにお邪魔したのは「喜多窯 霞仙」さん。
DSC_1330.jpg


 
DSC_1341.jpg



DSC_1326.jpg



なぜか日本語が通じないなと思ったら外国から勉強に来られている方々が真剣に取り組んでいました。
DSC_1322.jpg



DSC_1324.jpg



次にお邪魔したのは「宇助窯」さん。
通りから覗いたら白い壁に青いバケツが奇麗だったので、思わず入ってしまいました。
DSC_1353.jpg



すべてのバケツには貴重な釉薬が入っていて、細かな調整をしているとのことでした。
DSC_1376.jpg



まるでヨーロッパの職人さんの仕事場みたいだと思い絶賛したら、ご主人はよくわからない様子でした!(笑
DSC_1377.jpg



DSC_1386_20160505174606052.jpg



この瓦も古く、ここで焼いたものだということでした。
DSC_1374.jpg



DSC_1358.jpg



DSC_1387.jpg



DSC_1379.jpg



DSC_1385.jpg



謎の秘薬がいろいろ・・・(笑
DSC_1380.jpg



DSC_1378.jpg



DSC_1368.jpg



DSC_1370.jpg



御主人はあまり自覚がないようでしたが、とってもハイセンスで気に入った「宇助窯 加藤綱助陶房」さんでした。 
DSC_1359.jpg



さて、本日最後の訪問先は・・・
DSC_1402_01.jpg



凄い色彩に惹かれましたが、これは窯の裏側でした~~
DSC_1401_01.jpg



DSC_1404_01.jpg



DSC_1408.jpg



ぐるっと回り込んでようやく到着。これまた非常に雰囲気のある「菊陶園」さん・・・
DSC_1418.jpg



DSC_1424.jpg



DSC_1429.jpg



DSC_1425.jpg



DSC_1439.jpg



DSC_1445.jpg



DSC_1444_2016050517485390b.jpg



DSC_1448.jpg



DSC_1449.jpg



明治時代に建てられたという作業場。時代の雰囲気に圧倒されました。
DSC_1457.jpg



やらせじゃないリアルなスーパーレトロに感激。これが撮れただけでも来た甲斐がありました!
DSC_1452.jpg



DSC_1453.jpg



DSC_1469.jpg



DSC_1470.jpg



DSC_1472.jpg



DSC_1462.jpg



DSC_1471.jpg



さてすっかりレトロな気分で自宅に帰ったので、蕎麦を茹でて、古伊万里の蕎麦猪口でいただきました!
DSC_1476.jpg



でも、ぜんぜん和風じゃない自宅・・・(笑
DSC_1483_02.jpg



いや~、しかし天気も気温も快適。爽やかな風も吹いていて、言うことなしの連休。
忙しすぎる仕事から、しばし開放されて幸せな1日でした~~
DSC_1486.jpg

2 Comments

M&Y  

陶芸の世界に引き込まれそう?ですね。
気が付いたら・・・

2016/05/05 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

M&Yさん、毎度どうも~~

陶芸の世界というより、作業場の写真を撮ることにハマっています!
なかなかこういう風景ないですよね。

それに機材が軽い!!
今度ごいっしょにいかがですか?
Mさんも少しは喜ぶかも・・・(笑

2016/05/06 (Fri) 12:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment