兒神社(児神社・ちごじんじゃ)

入鹿池の近く、大山廃寺跡の敷地内にある神社。
1152年(平安時代)大山寺焼き討ちの後出るようになった化けものを鎮めるために作られたとか。
この幽霊は焼き討ちで亡くなった2人の子どもの修行僧で、この2人がご祭神なので児(ちご)神社というらしい。

DSC_4965.jpg



DSC_4956.jpg



DSC_4957.jpg



DSC_4958.jpg



DSC_4959_20180102215408f93.jpg



DSC_4960_201801022154094ae.jpg



DSC_4963.jpg



DSC_4964.jpg



DSC_4966_20180102215413358.jpg



DSC_4970.jpg



DSC_4971.jpg



DSC_4975.jpg



DSC_4977.jpg



DSC_4978.jpg



DSC_4981.jpg



DSC_4990.jpg



DSC_4995_20180102215950137.jpg



DSC_4997.jpg



DSC_4999_201801022159531e3.jpg



DSC_5001_20180102215955336.jpg



DSC_5002.jpg
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/11 (Thu) 00:29 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

To -鍵コメさん

そうだったんですか!
職場のすぐ近くなんですけどね~~
焼き討ちで亡くなった子どものお坊さんを祀る神社だし、
ちょっとひと気のない感じで怖かった。
昔のお寺は政治的抗争が過激だったんですね・・・

2018/01/11 (Thu) 18:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment