那比新宮神社・・・画像再編集。

当時はこの迫力をどう表現してよいのかわかりませんでしたが、
今なら少しだけ実際の感動に近づける気がしました。

DSC_4051.jpg



DSC_4008.jpg



DSC_4013_20180701132950acb.jpg



DSC_4014_20180701132952ed0.jpg



DSC_4016_20180701132953e5d.jpg



DSC_4017.jpg



DSC_4020.jpg



DSC_4023_20180701132958f67.jpg



DSC_4037_20180701132959866.jpg



DSC_4038_20180701133001c5a.jpg



DSC_4039.jpg



DSC_4045.jpg



DSC_4056.jpg



DSC_4059_2018070113330695b.jpg



DSC_4060.jpg



DSC_4064_201807011333101a8.jpg



DSC_4069.jpg



DSC_4070.jpg



DSC_4076.jpg



DSC_4080.jpg



DSC_4081.jpg



DSC_4093.jpg



DSC_4094_2018070113361051a.jpg



DSC_4123_20180701133612060.jpg



DSC_4188.jpg



DSC_4194.jpg
関連記事

4 Comments

M&Y  

肉眼で見て凄く感動した時、後で写真を見てもガッカリする事が多いです。
実物を見た時の感動を写真で表現するのはかなり難しいと思います。
なんともないものを素敵な写真にする方が簡単かもしれませんね。
最近は肉眼で見た時の感動を写真にするのではなく、
写真を目的に写真を撮っているような気がします。
何れにしても写真は奥が深くて難しいです。

2018/07/02 (Mon) 23:32 | EDIT | REPLY |   

FLAT–6  

そうですね〜、肉眼と写真とでは決定的な違いがありますね。
私の場合はカメラがした余計なことを取り除くという感じでしょうか。
でも限界があるので、写真という制限の中で長所を活かすつもりで楽しんでいます。
カメラやレンズ、写真の特性を見抜いて効果的に作品づくりに取り込めたら達人ですね〜
将来的にはそういうところを目指したいですが、やり過ぎてイヤミにならないよう気をつけねば!

2018/07/03 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   

M.Hanada  

ごぶさたしております。
神社仏閣の写真もかなりキャリアを積まれたようですね。
森の中に居る時の、ひんやりと湿った新鮮な空気を思い出すような写真です。

実物の迫力を伝えるのに試行錯誤されているとの事。
実際にその場に居る時のイメージと、出来上がった写真がなかなか同じにならないのは、鳥も風景も同じですね。

例えば組写真の起承転結を意識して、思い切って4枚くらいにまとめてみるのも面白いのではと思いました。
説明しすぎずに少ない枚数に絞り、後は見る側の想像力に任せる感じでしょうか。
エラそうな事を言って申し訳ないです。
次の作品を楽しみにしております。

2018/07/11 (Wed) 00:52 | EDIT | REPLY |   

FLAT-6  

M.Hanadaさん、お久しぶりです!!
そして、わざわざコメントありがとうございます!

的確なアドバイスいただき感謝感謝です~~
自分でも同じような写真が多すぎるのは気づいていました!(笑
鳥の時はちゃんと数枚に絞り込んでいました・・・

でも神社は思い入れが強すぎて捨てられないんです~~
もう見栄えよりも自己満足で同じような写真を並べて、
寝る前に眺めてにんまりしています!(爆
写真としての出来不出来よりも神社愛に負けて、
拝むような気持で同じような写真たちを愛おしく見つめる日々。
お馬鹿ですね~~(笑

2018/07/11 (Wed) 19:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment